おやのあい

 

親から愛された自覚がある人間は強く、幸福を感じやすいらしい

 

わたしは親から愛された自信がない、自覚がない

 

親は愛したんだろうけど、なんせその愛が捻くれまくっていたから、受け手のわたしにしてみると、それを「愛」としては受け付けられなかった

 

ただ、しんどかった。

 

しんどいだけならよかったのにと、最近思うことがある。親は 極 たまに優しく接してくれることがあった

 

親に受けた愛のようなものたちを思い出して辛くなっているとき、一瞬その優しかった時間も走馬灯のように蘇る

 

それが何よりもつらい

 

憎みきれないつらさと、一瞬でも優しくしてくれた親への憎しみを持っている自分の存在へのつらさとか、いろいろヘドのようにごちゃごちゃぐちゃぐちゃして襲ってくる

 

いつの間にか涙が溢れてきて

とても困る とても疲れる

 

愛を知るには、どうすればいいのかな?このままじゃ、人を愛する資格すらない気がする

 

それはあまりにも、かなしい