なんかごめんなさい

 

少し話した人、実際に対面してではないにしても関わった人、これから関わるかもしれないし、関わずに終わるかもしれない、まだ見ぬどこかの人…

 

もうみんなみんなに頭下げて歩きたい衝動に襲われるときがありませんか。

わたしはあるんです。

 

薬を飲むと、妙に人に話しかけたくなる傾向があり、レジの店員のお姉さんなどに「すごく肌がお綺麗ですね」などと衝動的に口走ってる自分がいます。言ってる最中に「あれ?なんでこんなこと…確かに綺麗な方だけど、こんなこと言われたら店員さん、気味が悪いだろうな…」とか、いろいろいろいろな考えが頭をよぎるのに、口は黙らない。

 

いくら衝動に駆られて言ったのだとしても、それも自分自身であることに変わりない訳で…。

薬を飲まない時の自分は真逆、生身の人と関わり合いたくないくらいに思ってる節があるので、慣れがなく、余計に怖くなるんです。そもそも店員さんに綺麗ですね!なんて普通にコミュニケーションが上手い人でも言わないのでは…。

 

良かれと思った行動だって、相手にしてみたら意味がわからなくて気味の悪い思いをさせたかもしれない…そもそも良かれと思ってやってる時点で大間違いだから謝りたい…押し付けがましいにもほどがある。土下座ものだ。

 

そして、衝動的に行動してしまったことに関しては本当に怖い。やった直後はそうでもないのに、じわじわと「よかったのだろうか?」って疑問で頭は重くなる。

 

自意識過剰も度を越すと自分を壊す。そのうち他人にも影響を及ぼしかねない…。

 

何事もほどほどって世界でいちばん難しいことだな