灯る生活

 

生活感のあるブログを読むのが好きだ

どこかでだれかが生きていることがわかって

 

それはとても当たり前なことのはずなのに、今のわたしにはどこか絵空事のようで

 

そんなときに生活感のある文章が、本のようなきっちりかっちり仕事を経てきたかたちではなく、ただそこにあったとき、救われたりしてる