やわらかいほどに強い盾

 

子どもを盾にする大人は多い。

 

何か自分の気に食わないことを否定するときに「子ども」って言葉をチラつかせて相手を怯ませたり、

 

自分の印象をよくするために「子どもたちのために」なんて言ったりするのも、ある意味では子どもを盾にしている。

 

知らず知らずのうちに、責任を自分から子どものほうへズラしてる。

 

やっぱり大人ってズルいでちゅ。

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、鼻詰まりがツライ…。