◯△□

 

空を飛ぶ鳥を見ても自由だとは思わない。鳥もわたしと同じように閉じ込められた場所で生きているだけだから。飛べたって、空を突き破って宇宙へ行けるわけじゃないし、宇宙へ行けたところでそれが自由かと言えばそうでもないんだし。

 

そうだよね。書いててわかったよ。たとえ地球から逃げ出せたとしても、それが自由ってわけじゃないんだよ。それを自由だと自分で思えない限り。

 

自由を求める一方で、どこかで誰かにどうしようもなく縛られることを懇願している気がしてならない。必要とされたいって気持ちは自由とは逆だと思うけど、どうなんだろう。今ここでわたし、ほんとどうしようもないんだけど生きてるよって、それを誰かに知ってもらいたいと思うことも。

 

だれもわたしを知る人がいなければ、わたしは概念だ。目があって指があって二足歩行だから人間で、突起物がないから女だなぁ、くらいの。これは◯でこれは△でこれは□でこれは人間の女だ。人間の女のかたちをした何か。

 

わたしの身体のフチが線だったなら。いますぐプツンと切って出て行きたい。