ただのたわごと

 

通院している病院の主治医が前回話したことをいつも忘れていて、なんだか気持ちがモヤモヤどんより。

 

今日は、前回の診察で「効き目がわかりません」と話して減らした薬をまた増やしてみようとしたり、前回と全く同じ世間話をされたり、前々回にした約束を次の診察で忘れていて、そして今日もまた忘れていたり…。受付の人は今日も怖かったり…。

 

忙しいんだもん。わたしにとって先生は一人だけだけど、先生からしたらわたしは山のようにいる患者のうちの一人に過ぎないんだから。ワガママ言える立場にない。忙しいんだ。大変なんだ。そうだそうだ…って思って今まで忘れようとしてたことが一気に蘇ってきて少し焦った。インスタントの味噌汁にお湯ぶっかけたときみたいにブワーッて。ブワーッ!!!

 

先生は診察中、必死にキーボードをカタカタ叩いてるけどパソコンには一体どんなことが記入されているの…?薬のこととか、体調のことや話した内容ではないの…?

 

溶け出した疑いの味噌汁でわたしの頭は溢れかえって、今はただなんとなく行きたくない次の診察までに自分をどうにか宥めることに必死になっている。

 

医者ばかりを批判してるけど、そもそも医者になんて行くことなのか?自力でどうにかしなきゃいけないのでは?とか、いろんな自分に対する疑いも山ほどある。

 

なんだか疲れた。