押し寄せる過去

 

 f:id:ano_n:20171229193051j:image

 

前にフィルムで撮ってデータ化してた写真をDropboxに同期した。

 

あまりに重過ぎて、なかなか同期終わらないし、パソコンの動きにまで悪影響を与え始めたから、もう諦めよっかな〜って思っていたら、いつの間にか突然に同期が完了していた。

 

スマホだと、ザーッ!と画像を見るのが楽で、同期した写真をついつい長いこと眺めて感傷に浸ってしまった。

 

あの頃…って言っても、ほんの1年前くらいなのに。なんかすごく遠い日のことみたいで、ちょっぴり悲しくなった。

 

必ず何かしらのカメラを持って出掛けていた毎日が懐かしい。今ではスマホすら家に置いて出掛けてしまったりする。

 

写真を撮ることは楽しかったし、何よりこうやって元気をなくしたときに見返すことができる記録みたいなものがあるとうれしいものだなぁ、と思った。

 

そんなこんなしてたら、突然、連絡がとれなかった元恋人からメールが来た。「ふと思い出したから」と。過去に髪を思い切り引っ張られる、その感覚に耐えられなくて少し泣いた。

 

いろいろ言いたいことはある。というか、あった。もう過去形。とりあえず今は相手の幸せを願うばかりだ。好きになった人だから。それが過去になってしまっても。

 

少しは成長できたかな?自分の感情の揺れを鎮める感覚を手に入れた気がする。

 

今年も終わりだ。