さみしい

寂しい淋しいさみしい。街に出ると、こんなにたくさんの人間がいるのにわたしには一人として友達がいないんだなぁ〜というさみしさと同時に横隔膜に圧がかかるような変な感覚に襲われる。田舎に住んでた頃だって友達はいなかったし、どこにいたってさみしいんだろうけどさ。

みんな連れ立って歩いててスゲーって思う。家族旅行してる軍団なんか奇跡としか思えない。なんなのみんな。やることやってんなぁ。クソー。

やっぱりわたしには人としての大切な何かが欠損してるのかな。不安になる。このまま誰かを好きになったりしていいのかな?迷惑かけるだけじゃん。ヤバイじゃん。わたしは人を好きになってはダメな人間なのか・・・!?

考える、考える、考える。わからない!いや、わかりたくないだけかな?たまに他者からやさしくされると本当に自分の気持ちの重さに怖くなる。でもどれくらいの感謝が適当なのかわからない。適当ができない。適切もわからない。もうわかんなーい。わかんないわかんない。今わたしは宇宙一無知。